Ballet du Ciel

Ballet du Cielについて

“Ballet du Ciel”とは

ciel(シエル)はフランス語で空という意味です。

宙(そら)は世界のどこにいてもつながっています。講師と生徒がいつでも、どこでもつながっていられるようなスクールにしたい。そういう思いから、スタジオ名をBallet du Cielにしました。

Ballet du Cielについて

Ballet du Cielが大切にしている3つのこと

卒業後、国内外どこに行っても愛される人間力を備えてほしいと思っています。そのためには技術の向上はもちろん、心の成長も重要です。

ですから、生徒たちとまっすぐに向き合い、心と心でコミュニケーションを取るように心がけています。

私たちが目指しているのはアスリートの育成ではなくアーティストの育成です。個性にあった指導で向上心を育てながら、互いに励まし合い、思いやりを持つことの大切さを伝えたいと思っています。

Ballet du Cielが大切にしている3つのこと

Ballet du Cielの3つの特徴

当スタジオの特徴は大きく三つあります。

一つ目はARCHITANZ(アーキタンツ)との提携です。当スクールでは毎週土曜日、ARCHITANZの招聘する外国人講師がクラスを担当します。

二つ目はハイキャリアなゲスト講師によるワークショップです。世界で活躍している講師、コリオグラファーによる指導が受けられます。

三つ目の特徴は、クラシックバレエ、コンテンポラリー、ピラティス、ジャイロキネシス、英会話がすべて学べるということです。それぞれの詳細はシステムのページをご参照下さい。

Ballet du Cielの3つの特徴