河南達郎TATSURO KANNAN

東京都出身。幼少期のころより、姉の影響でバレエを始める。中学校入学後、東京バレエ学校に入学。同時にBallet Libreにて郷路泰子に師事。解剖学的アプローチによるバレエ、エクササイズを学ぶ。

東京バレエ学校在学中より東京バレエ団公演「ザ・カブキ」「ドン・キホーテ」等に出演。東京バレエ学校第2回スクールパフォーマンスでは、眠れる森の美女で主演デジレ王子を踊る。この間、複数のコンクールにて入賞。

2004年よりイギリス、ロンドンのEnglish National Ballet Schoolへ留学。第1学年から進級する際には首席で進級し、2006年まで同校で学ぶ。2005年度からは平成17年度文化庁在外派遣研修員(18歳未満の部)として、国より奨学金を得る。

学校公演ではイリ・キリアン「シンフォニー・インD」(ソリスト)、ジョージバランシン「アレグロブリランテ」や、学校教師振り付け作品や、コンテンポラリー作品等も学ぶ。

2007年に東京バレエ団に入団し、2009年まで踊る。出演、学んだ作品として「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「ジゼル」「ペトルーシュカ」「ドナウの娘」「春の祭典」「ギリシャの踊り」「ボレロ」「ザ・カブキ」など。

2008年には第21次海外ツアー公演に参加。シルヴィ・ギエム、マニュエル・ルグリ、ローラン・イレールらと共にヨーロッパ各地で公演。その後、ドイツにて短期研修を行う。

2009年、シンガポールダンスシアター(SDT)に移籍。以後、すべての公演に参加。クラシックから、ネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊り、ソリスト役も務める。「白鳥の湖」「ジゼル」「眠れる森の美女」「ロミオとジュリエット」「くるみ割り人形」などの全幕作品や、「ライモンダ」「アレグロ・ブリランテ」「セレナーデ」などのクラシック作品でソリスト役も踊る。

ネオクラシック、コンテンポラリー作品ではJanek Schergen, Molly Lynch, Choo san Goh, Xing Liang, Edward Liang, Nils Cristyなど多数の著名振付家の作品に参加。同時にカンパニーでピラティスのマシンエクササイズ、マットエクササイズを行い、体のトリートメントに役立てた。

2012年に退団し帰国。帰国後、STOTT Pilates認定(IMP,IR,ICCB,AM,ARコース修了)インストラクターに。渋谷・表参道Angel R、チャコット・カルチャースタジオ、ARCHITANZ(アーキタンツ)などで、子供から大人まで幅広い層を対象にバレエとピラティスの指導を行っている。