小黒いちごIchigo Oguro

東京都出身。9歳より岸辺バレエスタジオにて岸辺光代、照屋真由子、キミホハルバートらに師事。

2006年英国ロイヤルバレエ学校へ入学。2009年、同校卒業後シンガポールダンスシアターへ入団、白鳥の湖、ジゼル、眠りの森の美女など数々のクラシック作品またネオクラシカル作品にてソリスト役を踊る。

2012年ポーランドのポズナン大劇場へデミソリストとして移籍。移籍後すぐにロミオとジュリエットのジュリエット役を踊り、以後金平糖の精(くるみ割り人形)、シンデレラ(シンデレラ)、ワルツガール、ロシアンガール(セレナーデ)、白鳥の湖、春の祭典など数々のクラシック作品での主演の他、様々なネオクラシカル作品も踊り2014年ソリストへ昇格。

2017年チェコ国立ブルノバレエ団へ移籍。眠りの森の美女や白鳥の湖でソリスト役を踊り、2018年デミソリストに昇格。

ネオクラシック、コンテンポラリー作品ではGeorge Balanchine、Jiri Kylian、Nacho Duato、Wayne McGregor、Jorma Elo、Uwe Scholz、Stanton Welch、David Dawson、Lukas Timulak、Krzysztof Pastor、Adrian Burnett、Paul Julius、Mario Radačovský等多数の著名振付家の作品を踊る。