system

star01 star02 star03 rocket
pagetop pagebottom

スケジュール

当スクールオリジナルのカリキュラムをご用意しています。ベビーから大学生まで、自分に合ったクラスが受けられます。

※水色のクラスはオプションクラスです。詳細は下記をご参照下さい。

料金

ロゼ + エトワール(45分) 週1回:7,000円
週2回:12,000円
ソレイユ(60分) 週1回:10,000円
週2回:15,000円
アクア(75分) 週1回:11,000円
週2回:16,000円
週3回:19,000円
ルンヌ~フォンテーヌ(90分) 週1回:12,000円
週2回:17,000円
週3回:20,000円
週4回:23,000円
週5回:26,000円
メテオール(90分) 月4回:6,000円
ピラティス(60分) 月2回:3,000円
パ・ド・ドゥ(60分) 月1回:2,000円
英会話(45分) 月2回:3,000円
ミュージカルジャズ (90分) 月2回:3,000円
ジュニアジャズ (90分) 月2回:3,000円
コンテ(90分) 月2回:3,000円
ジュニアコンテ(90分) 月2回:3,000円
ミュージカル声楽(90分) 月2回:3,000円
キャラクター (90分) 月2回:3,000円

上記表の料金(入会金除く)はすべて月額料金です。月謝の支払い期限は前月末日。月謝袋にて手渡しでお支払い頂きます。

入会金は20,000円です。それ以外にスタジオ設備費としまして月1,000円ご負担いただきます。女子生徒は入会時にレオタード代金(8,000円)とスカート代金(4,000円)が別途必要です。

オプションクラス(水色のクラス)はレギュラークラスを受講している方のみ受けられます。月に複数回あるオプションクラス(メテオール、ピラティス、英会話、コンテンポラリー、ジャズ、キャラクター、ミュージカル声楽)の料金はセットでの料金です。

各クラスについて

クラシックバレエ

ciel-system-ballet

3歳からのベビークラスも設けています。ヨーロピアンとアメリカンメソッドに基づき、正しい基礎トレーニングから細やかでダイナミックなテクニック、舞台での表現力や空間の使い方などをトータルに指導します。また、男性のレギュラー講師がいるため、男性ダンサーに必要なテクニックが学べるというのも当スクールの特色です。

コンテンポラリー

ciel-system-contemporary

クラシックバレエダンサーでもコンテンポラリーを踊ることが当たり前。これが現在のバレエ界です。しかし、コンテンポラリーテクニックはバレエの基礎とはまったく異なります。

当スクールではインプロビゼーションを通して、身体の内側から全身につながる自然な動きが学べます。講師の実演をフォローしながら、自由に動く楽しみを感じて下さい。なお、当スクールのコンテンポラリーはヨーロピアンベースです。

ジュニアコンテンポラリー

ciel-system-jrcontemporary

コンテンポラリーダンスとは何かを学べるクラスです。コンテンポラリーは振付家によって求められる動きがまったく違います。将来どんな振付にも柔軟に対応できるよう、身体の可動域を広げ、動きのボキャブラリーを増やしていきます。特に床を使った動きや即興創作(インプロビゼーション)は日本人バレエダンサーが苦手としていることが多いようです。小学生の間に遊び感覚で慣れておくことが必須と感じています。ダンスの技術だけではなく、創造力も育むクラスを目指しています。

キャラクター

ciel-system-character

バレエの古典の全幕作品の中に出てくる、民族的な要素を持つ舞台用に作られた踊りを学ぶクラスです。 本来の民族舞踊とは異なり、あくまでもクラシックの動きを基本とした中に、各民族の特徴を取り入れた踊りになっています。

ミュージカルジャズ

ciel-system-musicaljazz

アップテンポでリズミカルなミュージカルの名曲に合わせて、楽しく踊っていきます。ミュージカルジャズというと難しく聞こえるかも知れませんが、クラシックバレエの基礎を元に学んでいくので心配はいりません。ミュージカルの音楽に合わせて踊ることで、音楽を身体で表現する力、踊りを通して役を演じる力が養われていきます。

ジュニアジャズ

ciel-system-jrjazz

ジャズダンスは発展の過程でバレエやストリートダンスが応用されるなど、はっきりとした型がないのが魅力といえます。ジャズミュージックはもちろん、さまざまな音楽で踊ることができます。バレエを基礎としながら、枠にとらわれない表現を学び、個々の個性を大切にしていきます。踊るということは体現する、身体で表現するということです。型にはまることなく、表現する楽しさを学び、それぞれの可能性を広げていきます。

ミュージカル声楽

ciel-system-musicalvocal

声楽=声を楽しむこと。自分の体を使って表現したものを音に乗せ、リズムに乗せて伝えることであり、バレエにも共通する表現方法のひとつです。まずは相手に伝わる元気な挨拶をするところから始まりますので、安心して取り組んでください。

ミュージカルの呼吸法を学ぶことで、肺活量の向上、腹筋背筋のコントロールが身につきます。そして歌詞や音楽に込められた心理描写を自由に想像し、精神を解放し、豊かな表現力を育んでいくことが目標です。

ピラティス

ciel-system-pilates

ピラティスは、ドイツ人看護士のジョセフ・ピラティス氏によって、負傷した兵士のリハビリ用に考案されたエクササイズです。身体の奥深い筋肉を伸ばしながら鍛えることで、動きの精度を高め、身体の正しい使い方を学び、怪我のない身体を作ります。

欧米のバレエスクールでは、ピラティスが当たり前のようにカリキュラムに組み込まれています。当スクールでも10歳以上のゴールデンエイジはピラティスのトレーニングを受けられます。

英会話

ciel-system-english

海外で活躍するには英語力が必須です。当スクールではバイリンガル講師による英会話も学べます。ただ、海外留学や海外就職には、英語力がありさえすればいいというわけでもありません。外国で暮らしていくための心の準備もサポートします。

メテオール

ciel-system-meteor

ロシア特有のバレエ・テクニックであるワガノワメソッドのクラスです。ワガノワメソッドは上半身、脚、足に等しく注意を払いつつ、すべての動作で全身を使うことを意識づけるように設計されています。こうしたアプローチにより全身を意識して使う感覚を高め、動作を調和させて表現の範囲をより大きく広げることができます。